3歳の息子といろいろな所に行った

息子が生まれてそろそろ3年。 家族3人で、お友達同士で、いろいろな所に行きました。 動物園はちょっと苦手でしたね。 大きなゾウを見ても、ポニーを見ても、それほど感動する様子も無く。

かわいいウサギやモルモットを抱っこしても、かわいいと喜ぶ様子も無く。 結局は、子供広場の遊び場で遊具で遊ぶ方が楽しかったようで、なんとなく物足りない気持ちの私でした。 水族館では、暗い場所が多くて、どこにも歩き出せなくなってしまったこともありました。 あの時も、魚を見て楽しむどころではありませんでしたね。

『ジブリの森美術館』では、ネコバスにも乗りました。 ネコバスは、子供しか乗ることができないんですよね。 考えてみたら、夫や私とつないでいた手を放して息子1人で並んで遊んだのは、あの時が初めてだったかもしれません。

おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に一泊旅行に行った時には、すっかり温泉好きになってしまいました。 いろいろな所に行って、いろいろな思い出ができて、アルバムはなつかしい写真でいっぱいです。 3歳になって、何か月かしたら、すぐに幼稚園に入学です。

まだまだ幼いので不安がいっぱいでしたが、兄弟もいなかったのでいろいろな子と触れ合ってほしいなと思って決めた三年保育。 3歳の誕生日を前に、幼稚園の準備をいろいろとして、新しい生活を息子が楽しめますようにと、 祈るような、楽しみなような気持ちで過ごしていました。

種明かしをすれば、幼稚園に行くのが嫌で嫌で、夏休みの直前まで幼稚園に行く朝は必ず大泣きしてしまった息子です。 1歳から3歳までの子育てって、本当に母と子が密接で濃厚な時間を過ごす、貴重な時期なんですよね。 あっという間だったような、長かったような。 もう一度戻りたいような、もう戻りたくないような…。

過ぎてしまえば、あのころ真剣に悩んでいたことも、すべて笑い話になるんだから本当に不思議です。 これからもまだまだいろんなことがあると思うけれど、最近はいい相談相手にもなってきた頼もしい息子と 一つ一つ乗り越えていきたいと思います。

このページのトップへ