1人遊びしない息子

赤ちゃんの頃は親が一緒に遊んであげたり相手をしてあげることが必要でも、2歳になる頃には1人遊びができるようになると聞きます。 でも、息子は2歳を過ぎてもなかなか1人遊びをしてくれない子でしたねえ。

一緒にいてあげれば、いつまででも繰り返し遊んでいるお気に入りのおもちゃでも、ちょっと1人にしてしまうと あっという間に飽きてしまい、私を探し始めたり、愚図ったり。

『はらぺこあおむし』や『しろくまちゃんシリーズ』『ぐりとぐら』などの絵本は、息子のお気に入りで 夜、寝る前には必ず読んであげました。 ただ、やっぱり1人ではお気に入りの絵本もさわろうともしません。

そんなわけで、だいぶ成長した息子でしたが、結局いつも一緒にいて遊んであげたり相手をしてあげたり。 もちろん、一日中相手をしていたらこちらが持ちませんから、テレビに子守をしてもらったこともよくあります。 テレビを見ている時だけは1人でもおとなしくしていました。

おえかきもあんまり好きではありませんでしたね。 なぜかえんぴつやクレヨンだと、指に力が入らないらしく、とっても薄い線しか描けないんです。 ですから、私が一緒に遊べる時には絵具を使わせてあげました。 絵具だったら力は必要ありませんから、簡単に絵が描けて楽しかったみたいです。

初めて粘土を触らせた時には、大きな口を開けて食べようとしたので、笑っちゃいました。 もちろん慌てて回収。 粘土は食べ物じゃないんだよとよく教えました。 息子の場合、粘土遊びは成形するものではなく、切ったりちぎったりするもののようでしたね。

ままごとセットが好きな息子のために、キッチンセットを作ってあげたこともあります。 作ったと言っても、カラーボックスやCDラックを組み合わせて、キッチン風に設置しただけですが。 そこに突っ張り棒を渡してお玉やフライ返しをS字フックで下げたり、CDラックの棚部分にお鍋やフライパンを並べたり。 http://www.gehajiksm.org/

実際に買おうと思うと、とっても高い子供用キッチンセットも、こうやって作ってあげればとてもリーズナブル。 作っている私もワクワクしちゃいました。

2歳で三輪車の練習を始めるがなかなかこげない

2歳の誕生日に、おじいちゃんに三輪車を買ってもらいました。 大人が押すように、後ろに持ち手が付いているタイプのものです。

でも、いくら2歳になったからと言って、なかなかすぐに三輪車を漕げるようにはなりませんでした。 私もちょっと借りて漕いでみましたが、三輪車って自転車よりもよっぽど力がいるし、一回ペダルを漕いだときの 車輪の回転数も少ないし、とっても難しいことに気付きました。

そんなふうでしたから、もらってから半年近くは、息子は三輪車にまたがるだけで親が後ろから押してあげていましたね。 でも、2歳半を過ぎる頃からお父さんと三輪車の練習を始めました。 だいぶ時間はかかりましたが、3歳になる前には漕げるようになっていたと思います。

ただ、息子を普段遊ばせていたのはもっぱらアパートの駐車場が中心でしたから、三輪車で移動できるようになると 目が離せなくて大変でした。 ちょっと夕方数分だけ遊ぼうか…という時に駐車場は便利なのですが、今思うとちゃんと公園などで遊ばせた方が 安全だったなと反省です。

息子が2歳を過ぎた頃、少し生き物にも興味を持ってほしいと思い、金魚を飼ってみました。 金魚のエサは息子と一緒にあげます。 朝起きた時と、夜寝る前にはちゃんと金魚さんにあいさつをしたりして、今思えばとってもかわいい時代でしたね。

夏には、おじいちゃんの畑で捕まえたかぶとむしを飼ったこともあります。 私は、自分が生きもの大好きだったので、息子も生き物が好きに違いないと思い込んでいたのですが 意外と動物園や水族館に言っても、テンション低めでちょっと物足りなかったんですよね。 ただ、家にいるペットはお気に入りだったみたいです。

息子が小学生になってから我が家で犬を飼うようになると、犬大好き、動物大好きな子に変わったので やっぱり生きものと接する機会は持ってあげてよかったなと思っています。

このページのトップへ